振動試験について

振動試験は、製品の耐久性や性能の評価をするために行われます。
世の中に存在するモノは、常に何らかの振動の影響にさらされています。
実際に使用される環境下や輸送中に受ける振動の影響に耐え、製品寿命までその性能を発揮できるかどうか。
定められた規格試験を行うことはもちろん、
高い品質の製品を作るために振動試験は世界中の研究開発現場で行われています。

振動試験の目的

  1. 01

    振動耐久試験

    自動車部品、電子部品、航空機部品等

    設計・製作された製品が、使用される振動環境に耐えて、その寿命まで性能を発揮できる事の確認

  2. 02

    輸送梱包試験

    家電品、OA機器、その他全産業

    出荷される製品が輸送時に受けると予想される振動を与えて、製品自体及びそのパッケージに問題がない事の確認

  3. 03

    生産ラインの検査

    機器の半製品段階、製品段階

    生産ラインの終段に組込み、半製品又は製品のハンダ不良、ネジ止め不良、配線の外れ等の検査

  4. 04

    地震対策の試験

    建築、石油・ガス機器

    地震による建造物・機器等の破損や性能障害を防ぐ為の試験研究

  5. 05

    振動計・地震計の校正

    振動計・地震計の校正やセンサの校正・感知器等の動作確認

  6. 06

    振動解析・計測

    自動車、船舶、車両、建築、金属等

    部材・構造物の振動伝達を測定したり、メカニカルインピーダンスを求めて設計に反映する為の基礎試験

  7. 07

    工業用生産機器

    粉体の充填・流体の攬絆等

振動試験の規格

振動試験の主な規格には以下のようなものがあります。
振研では、以下を含む様々な規格に対応した振動試験装置を製作しております。

事例・分野から探す

番号 内容
JIS C 60068-2-6 環境試験方法- 電気・電子- 第2-6 部: 正弦波振動試験方法( 試験記号:Fc)
JIS C 8713 密閉型小型二次電池の機械的試験
JIS D 1601 自動車部品振動試験方法
JIS Z 0232 包装貨物―振動試験方法
JIS E 4031 鉄道車両用品―振動及び衝撃試験方法
JIS F 8006 船用電気器具の振動検査通則
JIS W 0812 航空機搭載機器―環境条件および試験手順
JIS S 1018 家具の振動試験方法

振動試験装置の種類

振動試験装置の種類

振動試験装置の種類は振動発生の方式により上記のように分けられます。

機械式は、現在ではほとんど使用されなくなっておりますが、低振動数、単純振動での振動試験の場合は、安価であり、現在でも購入されるお客様もありますが、コントロールに難があり(特にランダム、ショック制御は困難)、将来的には全く発展性がありません。
油圧式は、大型(50kN以上の加振力)では、動電型に比べ価格的に安いというメリットはありますが、ランニングコストとメンテナンス料が高く、よほどの大型でない限り、使用年数全体の費用としては動電型とあまり大きな違いはないと思われます。上限振動数が動電型に比べ低く高振動数の試験には不適当です。又、入力信号に対する油による応答の遅れの為、制御も動電型に比べ難しいというデメリットもあります。
現在動電型と機械式との競合はほとんどありませんが、加振力が30kN以上の案件では動電型と油圧式とが競合になることもあります。

導電型振動発生機の原理

弊社で製造・販売しております振動試験装置は動電型であり、
動電型振動発生機の原理と特徴を次に説明します。

  • 原理

    「磁界中にある導体に電流を流すとこの導体は力を受ける」という電磁効果がありますが、これはモーター、スピーカー、メーター等種々の機器に広く応用されています。いわゆる、“フレーミングの左手法則” であり、動電型振動試験装置もこの電磁効果を利用した電気-機械変換機であります。右図のように円筒型の磁路に空隙を設けておき、この空隙に接触しない様にバネで保持された駆動コイルを挿入しておきます。磁路の中にある励磁コイルに直流電流を流すと磁束が矢印のように発生し、空隙には直流磁界ができ、駆動コイルの線と直交します。 
    この駆動コイルに交流電流を流す事によって振動テーブルは振動を発生します。この時発生する力は、流す電流に比例した力となります。

  • 原理

    実際の振動発生機は、磁束効率を良くする為、又、安定した動作を続ける為に種々の部品が内蔵され、形状も複雑に作られています。この方式の特徴は電流を制御する事によって簡単に任意の波形で任意の振動量を発生する事ができ、又、振動数範囲も広く、振動加速度も大きな値が得られます。しかし、大きな加振力(50kN 以上)を得ようとすると、油圧式に比較して価格が高くなる欠点もあります。次に動電型振動試験装置の代表的なブロック図を左に示します。尚、このブロック図は基本的な組み合わせで、目的によってはこの他に様々な機器が追加される事もあります。

アクセス

振動試験センターは中央自動車道八王子インターより約1km(車で数分)の交通の至便な場所にあります。
電車でお越しの方は、JR または京王線「八王子駅」よりタクシーをご利用頂くと便利です。

中央自動車道
八王子IC から約1km
JRまたは京王線
八王子駅からタクシーで約15 分