汎用振動試験装置
G-0シリーズ

  • 電気
    電子機器
  • 自動車
  • 鉄道車両
  • 航空
    宇宙
  • その他

豊富なバリエーション

G-0シリーズは振研の基幹機種となる汎用性の高いモデルであり、幅広いラインナップをご用意しております。最大加振力1kN(102kgf)から196kN(20000kgf)まで、軸受(可動部支持機構)は静圧空気軸受、静圧油圧軸受、機械ベアリングのいずれかとなり、ご用途・ご予算に応じた適切なモデルを提供させて頂きます。振動の方向を垂直方向・水平方向に切換可能なモデルも製作致します。

車両部品や電子部品の試験に最適

本シリーズの装置は最大振動数が200GHz以上であり、自動車部品や電装機器の振動規格の試験に対応しています。またバランスの良い平均的な能力を持っているため、上記以外の用途にも幅広くお使い頂けます。

標準仕様(一部)

  • 加振方向:Z(垂直)
  • 冷却方式:空冷式
  • 可動部支持:機械ベアリング/静圧空気
    軸受/静圧油圧軸受のいずれか一つ

オプション

  • 恒湿恒温槽対応
  • X(水平)方向加振機能
  • 補助テーブル

輸送試験用振動試験装置
G-9シリーズ

  • 耐震
    地震再現
  • 輸送
  • 電気
    電子機器

  • 自動車
  • 鉄道車両
  • 航空
    宇宙
  • その他

大型供試品の試験に最適

G-9シリーズは輸送試験に適した機能を持つモデルです。
輸送貨物や車体・車のシート等を対象として、PSDランダム波を用いた輸送試験や車両走行時の振動を再現する試験を行うことが可能です。
許容偏心モーメントが大きく、大型の補助テーブルを取付けた上に大型ユニットや重量物等を搭載して加振しても耐えることができる構造になっています。
オプションで水平方向の加振機能を付加することが可能です。

大型供試品の試験に最適

標準仕様の振動数上限は500~1000Hzになり、オプションで最大2kHzまで上げることが可能です。

標準仕様(一部)

  • 加振方向:Z(垂直)
  • 冷却方式:空冷式
  • 可動部支持:機械ベアリング/静圧空気
    軸受/静圧油圧軸受のいずれか

オプション

  • 恒湿恒温槽対応
  • X(水平)方向加振機能
  • 補助テーブル
  • 振動数範囲の拡張(最大2kHzまで)

衝撃・振動試験装置
G-5シリーズ

  • 耐震
    地震再現
  • 電気
    電子機器

  • 自動車
  • その他

最大4900m/s²(500G)の
加速度

G-5シリーズは、高加速度の衝撃試験を行なうことが可能なモデルです。
動電型の振動試験装置が持つ特長を活かし、衝撃時間が長い衝撃はを高い精度で制御します。

バンプ試験にも最適

任意の間隔で複数回の衝撃を発生させることが可能であり、バンプ試験機としてもご使用頂けます。

最大260mmp-pの大変位

100mmp-pから260mmp-pの振幅をとることができ、地震波再現試験に対応しています。

標準仕様(一部)

  • 加振方向:Z(垂直)
  • 冷却方式:空冷式
  • 可動部支持:静圧空気軸受

オプション

  • 恒湿恒温槽対応
  • X(水平)方向加振機能
  • 補助テーブル
  • 振動数範囲の拡張(最大2kHzまで)

大振幅・水平振動試験装置
G-3シリーズ

  • 耐震
    地震再現
  • その他

地震波の再現に特化した構造

G-3シリーズは地震関連の各種センサの性能検査を目的として開発されたモデルです。
最大変位(振幅)の値が大きく、様々な地震波の再現を可能としています。

標準仕様(一部)

  • 加振方向:水平方向・冷却方式:空冷式
    (自然空冷または強制空冷)
  • 可動部支持:静圧空気軸受支持方式

高周波振動試験装置
G-4シリーズ

  • 耐震
    地震再現
  • 自動車
  • その他

最大25kHzの試験が可能

G-4シリーズは、高周波に対応するセンサ類の性能検査を目的として開発されたモデルです。振動数は最高25kHz(G-4003型)、加速度は最大980m/s²(G-4130型)となっており、電気、自動車、航空分野の各種センサの校正、共振探査に対応しています。

標準仕様(一部)

  • 加振方向:Z(垂直)
  • 冷却方式:空冷式
  • 可動部支持:静圧空気軸受

小型振動試験装置
G-2シリーズ

  • 電気
    電子機器
  • 自動車
  • その他

設置場所を選ばない

G-2シリーズはAC100V電源で動くコンパクトサイズのモデルです。
工事や冷却用プロアも不要で(G-2050型を除く)、卓上に設置することができるため、手軽にお取扱い頂けます。

幅広い用途に対応

振動検出器の校正、電子部分、プリント基板の規格試験、学校教育用途、構造解析等、小型の装置ながら様々な用途にご使用頂けます。

機能の拡張が可能

標準装備のサイン制御機能付電力増幅器(写真の筐体)の他に、オプションでPCモニター付の制御器の装備可能です。また振動発生機に垂直および水平補助テーブルの装備することが可能です。

標準仕様(一部)

  • 加振方向: Z (垂直)
  • 冷却方式:事前空冷式及び強制空冷式
  • 可動部支持:機械ベアリング
  • サイン制御機能付電力増幅器

オプション

  • PCモニター付制御器
  • X(水平)方向加振機能
  • 補助テーブル

ショックアブソーバー
試験装置
G-9210S

  • 自動車
  • その他

ショックアブソーバーや部品等の
試験装置モデル

ショックアブソーバーや部品等の特性試験用のモデルです。多チャンネル入力が可能な制御器を用いることで、アブソーバーの複数個所の動きを同時に測定することを可能としています。
また、供試品に上部からプリロードをかけながら振動試験を行うことが可能です。

用途

  • ショックアブソーバーの特性試験・
    疲労試験
  • 自動車部品等の振動試験・耐久試験・
    振動応答測定
  • 自動車部品にプリロードと振動を
    同時に与える試験

製品を選ぶのに迷ったら