• 「品質」に挑み「信頼」を背負う

    品質を支える最高の品質を
    提供するために

    振動試験のスペシャリストたちによって1975年に設立。1983年、世界で初めて多軸振動試験機の商品化に成功。振動試験を次の次元へ導きました。世界最大の多軸試験機や様々な特殊仕様の試験機の開発に挑戦し、数々の特許取得に成功いたしました。様々な試験を行い、様々な方法を試し、時には困難に試されながら、半世紀間知識と経験を蓄積してまいりました。

  • 品質と信頼を支える「技術」

    研究開発者たちのための
    研究開発者でありたい

    研究開発に取り組む挑戦者たちを支えるためには、自分たちが挑戦者でいなければならない。開発者のために最高の試験機を開発したい。お客様の品質のためだから、試験機も最高の品質でなければならない。開発・研究の最前線に共に立たせていただくものとして、常にお客様と同じ目線に立てるように、常に研究と挑戦を続けています。

    振研の技術について

振研の振動試験装置

  • 多軸振動試験装置

    現実に限りなく近い振動を発生させることが可能です。振研の軸受けの技術は、各軸から受ける摩擦の影響を限りなく抑えることができ、非常にきれいな波形を作り出します。また、切替で動かす場合は試料の取り換えの手間が省け、効率よく試験を実施することが出来ます。

    種類

    • 三方向同時/切替 G-6シリーズ
    • 二方向同時/切替 G-8シリーズ

    多軸振動試験装置について

  • 単軸振動試験装置

    創業以来磨いてきたのは、多軸の技術だけではありません。大小様々、汎用型から特化型まで、様々なバリエーションに対応可能です。多軸と比べ省スペースで価格も抑えられるため、お客様にとって最適な試験機をお作りできます。

    単軸振動試験装置

    種類

    • 汎用 G-0シリーズ
    • 輸送試験用 G-9シリーズ
    • 衝撃試験用 G-5シリーズ
    • 大振幅用 G-3シリーズ
    • 高周波用 G-4シリーズ
    • 小型(コンパクトサイズ) G-2シリーズ

    単軸振動試験装置について

  • 複合振動試験装置

    多軸/単軸の振動試験装置と恒温恒湿槽とを組み合わせることで、「温度」「湿度」「振動」を複合して連動運転の実施を可能としたモデルです。実際の輸送環境や使用環境に出来るだけ近い環境下で、安全性や信頼性をより確実に再現することが出来ます。

    複合振動試験装置

    種類

    • CSシリーズ

    複合環境試験装置について

  • デジタル振動制御器装置

    振動試験機は制御装置と合わせて初めて試験機としての役割を果たせます。ユーザーフレンドリーな設計を心がけ、複雑な試験もより簡単に、行っていただけるよう、工夫しております。制御器・制御装置D-59シリーズの振動制御器は、動電型振動試験装置・油圧式振動試験装置の振動・衝撃制御用のスタンドアロン制御器で、必要なハードウェアを全て装備しています。必要な入力信号や出力信号を接続し、本器の電源を投入しさえすれば、即試験が可能な状態になります。制御用アプリケーションはサイン、ランダム、クラシカルショック、複合モード、共振同調、波形再現制御など全ての試験機能に渡っており幅広い応用が可能です。

    デジタル振動制御器装置

    種類

    • D-59シリーズ
    • D-0960 シリーズ

機種の選定方法

システム形式について

多軸について

加振力の求め方

用途に応じた最適な機種を選定する際、想定される試験においてどれだけの加振力が発生するのかを計算する必要があります。加振力の計算には以下の式を用います。

F=(m₀+M₁+M₂)A

F: 加振力 … [N]
A: 試験加速度 … [m/s²]
m₀: 振動発生可動部質量 … [kg]
M₁: 加振治具・補助テーブル質量 … [kg]
M₂: 供試品質量 … [kg]

試験加速度(A)が不明な場合は、以下の式を用います。(サイン波のみ)

A=2πfV
A=(2πf)²D

f: 振動数 … [Hz]
V: 試験速度 … [m/s]
D: 試験変位 … [m、片振巾]
A: 加速度 … [m/s²]

SI単位について

SI単位と従来単位の比較表では、国際的な量の単位として定められているSI単位を用いています。
以下の表は、SI単位と従来国内で一般的に使われていた単位との比較表です。

従来単位 SI単位 換算率
kgf N 1kgf=9.8N
加速度 G m/s² 1G=9.8m/s²
速度 cm/s m/s 1cm/s=0.01m/s
周波数 Hz Hz 従来通り
モーメント kgf・m N・m 1kgf・m=9.8N・m
圧力/応力 kgf/cm² Pa 1kgf/cm²=98kPa
流量 L/min m³/s L/min=(10³/60)m³/sec
熱量 kcal J 1kcal=4.186kJ
放熱量 kcal/h W 1kcal/h=1.162W
角度 °(度) rad 1°=π・rad/180

製品を選ぶのに迷ったら